セフレサイトはサクラに注意

セフレサイト、もしくはセフレアプリを利用する際に、サクラの存在には注意が必要です。
もちろん出会い系サイト全般に言える事ではあるのですが、その中でも特にセフレサイトはサクラに狙われやすいのです。
なぜかというと、利用者の男性は早くセックスをしたいという欲望を抱えています。
そしてセフレサイトだからエッチな女性を大歓迎しています。
セフレサイトに登録した途端に女性からエッチなメールが届いたとしましょう。
セフレサイトって凄いな、これならセフレが簡単に出来そうだところっとサクラに騙されてしまうわけです。
普通であれば、開口一番にエッチなメールが届いたら、女性が初対面の相手にこんなメールを送ってくるわけがない、これはサクラだと警戒するでしょう。
ですがセフレだからこうゆう事もありなんだろうと、セフレがサクラの隠れ蓑となってしまってるのです。
本来セフレを探している女性であっても、ネットで出会った相手に対して女性は警戒心を持つのは当然の事です。
そのためいきなりエッチなメールを送る事はありませんし、すぐにセックスがしたいから会いたいと誘ってくる事もありません。
それをよく理解した上で、セフレサイトはサクラが多いから特にサクラには注意をする必要があるという事を忘れないで下さい。
セフレサイトを利用している女性も、日常生活であなたの身の回りにいる女性となんら違いはありません。

セフレの作り方の変化

従来セフレとはテレクラを利用して作っていました。
テレクラと呼ばれる店舗が存在し、男性が店舗で女性からかかってくる電話を待機しているわけです。
そして電話の相手とはテレフォンセックスをする事もあれば、待ち合わせしてそのままホテルへ直行する事もありました。
ホテルへ直行しセックスをした後は、1回限りの関係で終わる事もあれば、連絡先を交換しセフレになる事もありました。
ですが現在はテレクラの店舗自体が衰退し、テレクラでセフレを作る人はほぼ存在しません。
ネットの普及に伴いセフレサイトを利用するようになり、最近はスマホの利用者が増えてやれるアプリを利用してセフレを作る時代になりました。
スマホによって移動中や仕事中でも合間をぬってセフレを探す事も可能です。
もう忙しいからセフレを作る事が出来ないなんて言い訳は通用しない時代になったのです。
しかし手軽になったと当時に、個人が写メやデジカメ動画などを簡単に撮れるとうになったため、ハメ撮りやヌード画像を撮られるなどの被害に合わないように、新たに注意しなければいけなくなりました。
恋人同士であっても、別れた後にはリベンジポルノをされてしまう時代です。
ましてお互いの事をよく知らないセフレ関係であれば、罪悪感もなく、平気でポルノとしてネットに流出しお金儲けをする男性もいるでしょう。女性は自分の身を守るのは自分自身だという事を忘れないで下さい。

Comments are closed.